メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍

タリバン掃討本格化 戦力移動、アフガン「主要任務」に

カンダハル州の位置

 【ワシントン会川晴之】米軍がアフガニスタンの旧支配勢力タリバン掃討戦を本格化させている。シリアやイラクでの過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘が峠を越し、アフガンへの戦力投入強化が可能になったためだ。この地域を担当する米中央軍は「アフガンが主要任務となった」と説明、2020年までに「支配地域を国土の8割にする」目標を掲げるガニ政権への支援を強める構えだ。

 トランプ政権は昨年8月、撤退を目指したオバマ前政権のアフガン戦略を転換し、事態解決までタリバンと戦うと宣言。約4000人の兵員を順次、増派する方針も決めた。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです