メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モディ印首相

パレスチナ初訪問 「全方位外交」印象づけ

 【エルサレム高橋宗男、ニューデリー金子淳】パレスチナ自治政府のアッバス議長は10日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラでインドのモディ首相と会談した。モディ氏が首相としてパレスチナを訪問したのは初めて。イスラエルとパレスチナの対立とは無関係に双方と関係を強化するインドの「全方位外交」を印象づける狙いがありそうだ。

 10日にラマラ入りしたモディ氏はアラファト博物館を見学した後、アッバス氏と会談。教育や保健、情報技術分野でのインドによるパレスチナへの支援を確認したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです