メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

高橋文代さん=毎日地球未来賞を受賞した

高橋文代さん=望月亮一撮影

 パート勤めをしていた30年前、新聞記事でフィリピンの子供たちの死亡率が高いことを知った。「きれいな水がなく、失われてしまう命がある」。中学生の娘3人を育てる自分の周りの環境との差に心が痛んだ。偶然、地元の「上総(かずさ)掘りをつたえる会」(千葉県袖ケ浦市)に事務の手伝いを頼まれ、お役に立てればと引き受けた。

 同会は主にフィリピンで伝統工法を使った井戸掘り支援を手がけるが、「海外旅行の経験もなく、現地に行くことなど考えもしなかった」。7年ほど助成金申請や会計を担い、誘われるまま「興味本位で」ルソン島へ。靴が買えず、砂利道を裸足で登校する大勢の小学生を見て「何とかしなきゃ」とスイッチが入った。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです