メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

多様な生徒は「俺の鏡」(その2止) 「普通」なじめぬ子に

グループの交流イベントで子供たちと一緒に歌う宮澤保夫さん(中央)=横浜市旭区の星槎中学・高校で2017年11月12日、丸山博撮影

 

 ◆いきいき学ぶ「不思議な学校」創設

管理教育を超えて

 星槎(せいさ)グループ会長、宮澤保夫さん(68)の朝は早い。

 自宅は神奈川県内にあり、午前4時に起床すると趣味のアマチュア無線で各国の仲間と交信を始める。「こちらゾロ(ハンドルネーム)。そちらの様子はどう?」。続いて、グループ傘下の幼稚園長を務める妻幸子(ゆきこ)さん(69)の朝食と昼食用弁当を作る。記者が訪れた日は野菜炒め、ゆで卵、トマト、カボチャなどが彩りよく詰められた。

 車で出勤し、午前6時前にグループ本部(神奈川県大磯町)の「談話室」と掲げられた会長室に入る。ここに…

この記事は有料記事です。

残り4844文字(全文5112文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです