メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

多様な生徒は「俺の鏡」(その2止) 「普通」なじめぬ子に

グループの交流イベントで子供たちと一緒に歌う宮澤保夫さん(中央)=横浜市旭区の星槎中学・高校で2017年11月12日、丸山博撮影

 

 ◆いきいき学ぶ「不思議な学校」創設

管理教育を超えて

 星槎(せいさ)グループ会長、宮澤保夫さん(68)の朝は早い。

 自宅は神奈川県内にあり、午前4時に起床すると趣味のアマチュア無線で各国の仲間と交信を始める。「こちらゾロ(ハンドルネーム)。そちらの様子はどう?」。続いて、グループ傘下の幼稚園長を務める妻幸子(ゆきこ)さん(69)の朝食と昼食用弁当を作る。記者が訪れた日は野菜炒め、ゆで卵、トマト、カボチャなどが彩りよく詰められた。

 車で出勤し、午前6時前にグループ本部(神奈川県大磯町)の「談話室」と掲げられた会長室に入る。ここに…

この記事は有料記事です。

残り4844文字(全文5112文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです