メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
希望新聞

東日本大震災 心は何色? 焦らず一緒にまちづくり

 東日本大震災で被災した沿岸6集落が集団移転した、宮城県岩沼市の玉浦西地区のまちづくり住民協議会長を務めています。約1000人が住むこの地区では、2015年の「まち開き」以来、夏祭りなどのイベントを通じて住民同士の親睦を深めてきました。

 集落単位で集団移転したため、震災前からのコミュニティーは維持されました。現在は四つの自治会があり、住民主体のまちづくりを進めています。私も含め、住民のほとんどが地元の小中学校の卒業生ということもあり絆は強いと思います。

 新しいコミュニティーを活性化する上で大事なのは「急がない」ことだと思います。同じ地域出身といえども…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文683文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです