メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 心は何色? 焦らず一緒にまちづくり

 東日本大震災で被災した沿岸6集落が集団移転した、宮城県岩沼市の玉浦西地区のまちづくり住民協議会長を務めています。約1000人が住むこの地区では、2015年の「まち開き」以来、夏祭りなどのイベントを通じて住民同士の親睦を深めてきました。

 集落単位で集団移転したため、震災前からのコミュニティーは維持されました。現在は四つの自治会があり、住民主体のまちづくりを進めています。私も含め、住民のほとんどが地元の小中学校の卒業生ということもあり絆は強いと思います。

 新しいコミュニティーを活性化する上で大事なのは「急がない」ことだと思います。同じ地域出身といえども、自力再建できた人や、災害公営住宅に入らざるを得なかった人など、立場はさまざまです。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  4. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  5. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです