メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

人と人結ぶ「旅する八百屋」

「野菜は季節の便り」と話す鈴木鉄平さん(左)と山代徹さん。お試しセットの宅配は2500円。問い合わせは青果ミコト屋(045・530・4551)=川畑さおり撮影

 全国の生産地を巡り、主に自然栽培の農作物を無店舗販売する「旅する八百屋 青果ミコト屋」(横浜市青葉区)が、創業8年目を迎え、独創的なスタイルで注目を集めている。消費者に本当に必要とされる品を取り扱い、人と人をつないで付加価値を生み出す、21世紀版の「行商」だ。

 ●産地回って吟味

 キャンピングカーで全国各地の生産地を巡り、農家を一戸一戸訪ねる。ミコト屋の共同経営者、鈴木鉄平さん(38)と山代徹さん(38)は、創業当初から旅を続けてきた。年間70日程度は旅の空だ。生産者たちが、どんな場所で、どういう暮らしをして、どんな思いで作っているかを見聞きする。実際に食べ、おいしいと感じたものを自信を持って仕入れる。そして、消費者に直接届ける。

 「彼らは人を思う気持ちが強く、大切に育てたものを大切に扱ってくれる」。2人に信頼を寄せる千葉県山武市の不破孝太さん(43)は、かつて食品流通会社のサラリーマンだった。退職して8年前に就農。農薬や肥料を一切使わず、自然栽培で約20種の野菜を育てている。農家は市場に出荷すれば、最終的に誰が食べるかを知らないままだ。ミコト屋経由なら、自分の野菜がどう売られているかが分かる。食べた感想も返ってくる。鈴木…

この記事は有料記事です。

残り2019文字(全文2538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです