メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「野菜は季節の便り」と話す鈴木鉄平さん(左)と山代徹さん。お試しセットの宅配は2500円。問い合わせは青果ミコト屋(045・530・4551)=川畑さおり撮影

 全国の生産地を巡り、主に自然栽培の農作物を無店舗販売する「旅する八百屋 青果ミコト屋」(横浜市青葉区)が、創業8年目を迎え、独創的なスタイルで注目を集めている。消費者に本当に必要とされる品を取り扱い、人と人をつないで付加価値を生み出す、21世紀版の「行商」だ。

 ●産地回って吟味

 キャンピングカーで全国各地の生産地を巡り、農家を一戸一戸訪ねる。ミコト屋の共同経営者、鈴木鉄平さん(38)と山代徹さん(38)は、創業当初から旅を続けてきた。年間70日程度は旅の空だ。生産者たちが、どんな場所で、どういう暮らしをして、どんな思いで作っているかを見聞きする。実際に食べ、おいしいと感じたものを自信を持って仕入れる。そして、消費者に直接届ける。

 「彼らは人を思う気持ちが強く、大切に育てたものを大切に扱ってくれる」。2人に信頼を寄せる千葉県山武…

この記事は有料記事です。

残り2169文字(全文2538文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日田市営バス 回数券ミス 100枚つづり10枚多く
  2. 大阪震度6弱 初の悪質商法 「ガス修理、十数万円」被害
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]