メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

川本三郎・評 『記憶の海辺 一つの同時代史』=池内紀・著

 (青土社・2592円)

平易洒脱に飄々と、来し方を辿る

 池内紀さんには一日が四十八時間あるのではと思ってしまう。それほど凄(すご)い仕事量で圧倒される。ドイツ文学者としてカフカを全訳し、ゲーテの『ファウスト』にも挑む。文芸評論家として、エッセイストとして著作は数え切れないほどある。

 仕事の合い間には日本各地を旅し、温泉をめぐり、町を歩く。軽妙な絵も描く。六十代なかばまでは山登りもしていた。

 天性の自由人といえようか。権威や肩書とは無縁な生き方。五十五歳の時に自ら進んで東大教授を辞めてしま…

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1431文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  3. ぐるっと首都圏・旅する・みつける 東京・調布 深大寺 水と緑が豊かな古刹 都心から30キロのオアシス /東京
  4. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  5. キューバ機墜落 死者110人に 生存3人も重体

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]