メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

川本三郎・評 『記憶の海辺 一つの同時代史』=池内紀・著

 (青土社・2592円)

平易洒脱に飄々と、来し方を辿る

 池内紀さんには一日が四十八時間あるのではと思ってしまう。それほど凄(すご)い仕事量で圧倒される。ドイツ文学者としてカフカを全訳し、ゲーテの『ファウスト』にも挑む。文芸評論家として、エッセイストとして著作は数え切れないほどある。

 仕事の合い間には日本各地を旅し、温泉をめぐり、町を歩く。軽妙な絵も描く。六十代なかばまでは山登りもしていた。

 天性の自由人といえようか。権威や肩書とは無縁な生き方。五十五歳の時に自ら進んで東大教授を辞めてしま…

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1431文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです