メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実』=旗手啓介・著

 (講談社・1944円)

停戦合意が破られた正真正銘の戦場で

 今や世界は、冷戦が終結しアメリカ一強となった時代から、大国間の対立の時代へと移行したようだ。英誌『エコノミスト』最新号も、「次なる戦争」と題した特集を組み、大国間戦争の時代が再びやってくる可能性が高まったと分析した。

 ひとつの時代が終わろうとしている今、私たちがぜひとも思い出し、検証しておくべき、冷戦終結直後の一つの歴史が、本書によって解き明かされた。ご記憶だろうか。1992年、宮澤喜一内閣がPKO(国連平和維持活動)協力法を成立させ、カンボジアPKOに初参加した歴史を。

 91年パリでカンボジア停戦協定が調印されたのをうけ、国連監視下での総選挙実施の援助者として、自衛隊…

この記事は有料記事です。

残り1764文字(全文2082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです