メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『目に見えない世界を歩く 「全盲」のフィールドワーク』 著者・広瀬浩二郎さん

 ◆広瀬浩二郎(ひろせ・こうじろう)さん

 (平凡社新書・886円)

視覚中心の文化を見直す

 全盲の国立民族学博物館准教授(日本宗教史・文化人類学)が、自ら提唱する「触文化」論を自身の歩みと重ねて論じた。「障害という人と違った特徴を持つ自分の位置から考え、社会に発信してきた。『目が見えない』状態から『目に見えない』可能性への展開を描きました」

 13歳で失明して、「目が見えない」世界の住民に。1987年、初の全盲の京大生となり、歴史研究者への…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文960文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです