メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『目に見えない世界を歩く 「全盲」のフィールドワーク』 著者・広瀬浩二郎さん

 ◆広瀬浩二郎(ひろせ・こうじろう)さん

 (平凡社新書・886円)

視覚中心の文化を見直す

 全盲の国立民族学博物館准教授(日本宗教史・文化人類学)が、自ら提唱する「触文化」論を自身の歩みと重ねて論じた。「障害という人と違った特徴を持つ自分の位置から考え、社会に発信してきた。『目が見えない』状態から『目に見えない』可能性への展開を描きました」

 13歳で失明して、「目が見えない」世界の住民に。1987年、初の全盲の京大生となり、歴史研究者への道を歩み出す。「古文書が自力で読めないなら、むしろ『目で見えない』世界を読み解こう」とフィールドワークに徹するなかで、イタコや瞽女(ごぜ)(盲目の女性芸能者)、琵琶法師ら宗教・芸能者たちの歴史に触れた。「視覚の有無を超越した、『目に見えない』世界の大切さに気づかされました」

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです