メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・平昌の主役たち:Vol.03 スノーボード女子 鬼塚雅 時は来た、メダルへジャンプ

スノーボード女子スロープスタイル決勝1回目でレールを滑る鬼塚雅=フェニックス・スノーパークで2018年2月12日、山崎一輝撮影

Features・平昌の主役たち

Vol.03 スノーボード女子 鬼塚雅 時は来た、メダルへジャンプ

 <フィーチャーズ 平昌きょうの主役>

 (スロープスタイル予選 11日午後1時半~)

 待ちに待った初舞台。だが、昨年12月22日にいち早く五輪代表入りが内定しても、感情の起伏を見せなかった。「内定はすると思っていたので、平常心だった」。世界トップクラスにいる自負があるからこそ、特別な思いは口にしなかった。

 熊本市出身。5歳でスノーボードに出会い、両親の運転で福岡市内にあった屋内施設に通って腕を磨き、8歳で大手用具メーカーと契約した。主戦場とする種目のスロープスタイルは、斜面に設置されたジャンプ台や、「ジブ」と呼ばれる手すりのような障害物を乗り越える際にアクロバティックな技を繰り出し、採点で競う。バランス感覚に富み、滞空時間の長いジャンプから繰り出す高回転の技を武器に、早くから海外の大会に出場して着…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1053文字)