メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

ショートトラック 女子3000リレー、順位決定戦へ

 (第2日)

 女子3000メートルリレー予選で斎藤仁美(オーエンス)、菊池純礼(トヨタ自動車)、伊藤亜由子(同)、菊池悠希(ANA)の日本は2組で4着となり、決勝進出を逃し、5~8位決定戦に回った。女子500メートル予選も菊池純が3組4着で準々決勝に進めなかった。

 男子1500メートル予選で日本勢は準決勝進出を逃した。吉永一貴(愛知・名古屋経大市邨高)が4組で失格し、横山大希(トヨタ自動車)が1組4着、渡辺啓太(阪南大職)が5組4着で敗退した。チェ・ウンソン(北朝鮮)は3組6着。優勝は韓国の林孝峻で、開催国として今大会のメダル第1号に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです