メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

富士ゼロックス・スーパーカップ セ大阪、攻めて初V

前半26分、先制ゴールを決めてチームメートに祝福されるセ大阪の山口(中央)=埼玉スタジアムで2018年2月10日、長谷川直亮撮影

 サッカーの富士ゼロックス・スーパーカップは10日、埼玉スタジアムで行われ、昨季の天皇杯全日本選手権覇者のセ大阪がJ1王者の川崎を3-2で降した。セ大阪は初出場で初優勝を果たした。

 セ大阪は前半26分、山口が中央からミドルシュートを決めて先制。後半3分にはゴール前に進入した清武が追加点を奪い、1点リードの後半33分は高木のゴールで突き放した。川崎は後半6分にPKを小林が決め、試合終了間際には大久保が得点し1点差としたが、力尽きた。前年のJ1王者が優勝を逃したのは2008年大会の鹿島以来、10大会ぶり。今季のJ1リーグ戦は23日の鳥栖-神戸戦(ベアスタ)で開幕する。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです