メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災

7年 癒やしの笑顔、被災地に力 85歳で料理店開店「大船渡のばあちゃん」91歳逝く

コーヒーサイホンの扱いに苦戦して、照れ笑いする高橋コウさん=岩手県大船渡市で2012年、小川昌宏撮影

 岩手県大船渡市の仮設商店街で家庭料理の店「えんがわ」を切り盛りし、ボランティアらから「大船渡のばあちゃん」と愛された高橋コウさんが先月、91歳で逝った。東日本大震災をきっかけに85歳で始めた客商売だったが、彼女の笑顔は被災地で生きる人々の心を癒やし、勇気を与えた。「たくさんの出会いに恵まれ、母は幸せ者でした」。ともにお店をやってきた長女恵美さん(57)が言った。

 「がれき」となった家屋などの廃材が山積みにされた旧市街地の一角。2011年12月、日が暮れると唯一…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1151文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです