東日本大震災

7年 癒やしの笑顔、被災地に力 85歳で料理店開店「大船渡のばあちゃん」91歳逝く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
コーヒーサイホンの扱いに苦戦して、照れ笑いする高橋コウさん=岩手県大船渡市で2012年、小川昌宏撮影
コーヒーサイホンの扱いに苦戦して、照れ笑いする高橋コウさん=岩手県大船渡市で2012年、小川昌宏撮影

 岩手県大船渡市の仮設商店街で家庭料理の店「えんがわ」を切り盛りし、ボランティアらから「大船渡のばあちゃん」と愛された高橋コウさんが先月、91歳で逝った。東日本大震災をきっかけに85歳で始めた客商売だったが、彼女の笑顔は被災地で生きる人々の心を癒やし、勇気を与えた。「たくさんの出会いに恵まれ、母は幸せ者でした」。ともにお店をやってきた長女恵美さん(57)が言った。

 「がれき」となった家屋などの廃材が山積みにされた旧市街地の一角。2011年12月、日が暮れると唯一あかりがともっていたプレハブ商店街に「えんがわ」は開店した。カウンター8席。ひなたぼっこの場所を求めるように人が集まり、笑い声に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1151文字)

あわせて読みたい

注目の特集