メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石牟礼道子さん死去

水俣支援に完全燃焼

石牟礼道子さん=熊本市で2015年4月23日、田鍋公也撮影

 「極限状況を超えて光芒(こうぼう)を放つ人間の美しさと、企業の論理とやらに寄生する者との、あざやかな対比をわたくしたちはみることができるのである」(「苦海浄土(くがいじょうど)」より)。作家の石牟礼道子さんは水俣病被害者の惨苦に寄り添い、人間のあり方を世に問い続け10日、90歳の生涯を閉じた。支援を受けた被害者や、活動をともにした人々は深い哀悼をささげた。【笠井光俊、福岡賢正】

 石牟礼さんの長男、道生さん(69)によると、容体が急変したのは10日午前1時半過ぎ。ホテルに待機していた石牟礼さんの妹、妙子さん(78)を呼び、臨終に立ち会った。道生さんは「安らかに旅立ちました」と話す。

この記事は有料記事です。

残り2057文字(全文2351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです