メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

団栗

ダーウィンとリンカーン=渡辺政隆

 2月12日は「ダーウィン・デー」。進化論の祖ダーウィンが1809年のこの日にイギリスで生を受けた記念日である。ぼくは今年も、東京・下北沢のダーウィンルームで三夜連続のトークイベントを企画した。

 実は同年同日、大西洋の反対側でも、同じく後に歴史を変えた人物が生まれていた。アメリカ16代大統領リンカーンである。ダーウィンは、ビーグル号での航海時にブラジルで黒人奴隷の虐待を目にしたこともあり、奴隷制に異を唱えた。リンカーンと生年月日まで同じとなれば、運命の糸で結ばれたソウルメートと思いたくなる…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです