メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

スリー・ビルボード 怒りや憎悪の果てに待っている贖罪と救済

 怒りの果てにあるものは何か。怒りから自分を解き放つことはできるのか。思わず大げさな表現になりましたが、そんなことを考えさせられるドラマです。

 米ミズーリ州エビングの町外れ、車通りの少ない道路に沿って、3枚の大きな広告板が掲げられます。レイプされて死亡。逮捕はまだ。どうして、ウィロビー署長。なんだかすごい言葉ですね。7カ月前に娘が殺されたお母さんが立てた広告板なんです。

 娘が殺された。それも焼かれて死にかかったところをレイプされるという酷(ひど)いもの。それなのに捜査…

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1634文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]