メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

スリー・ビルボード 怒りや憎悪の果てに待っている贖罪と救済

 怒りの果てにあるものは何か。怒りから自分を解き放つことはできるのか。思わず大げさな表現になりましたが、そんなことを考えさせられるドラマです。

 米ミズーリ州エビングの町外れ、車通りの少ない道路に沿って、3枚の大きな広告板が掲げられます。レイプされて死亡。逮捕はまだ。どうして、ウィロビー署長。なんだかすごい言葉ですね。7カ月前に娘が殺されたお母さんが立てた広告板なんです。

 娘が殺された。それも焼かれて死にかかったところをレイプされるという酷(ひど)いもの。それなのに捜査…

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです