メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

/52 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 春子は初めて五十嵐の過去を聞いた。五十嵐は大卒後に勤めた証券会社を辞め、バーを開いた。当時、一緒に住んでいた女性には愛想を尽かされて別れたという。今はバーを閉め、所有するマンションや株の利益で暮らしているらしい。

春子の心、ゆかりの思惑

 フードコートは、見慣れてくると、家族連れ以外にも高齢者が多いことに、春子は気づいた。仲のいいおじいちゃんおばあちゃんといった感じの組み合わせもいれば、一人で不機嫌そうな顔でうどんをすすっている男性もぽつぽつといた。その人はずっと一人で暮らしてきたのだろうか、以前は家族がいたのだろうか、それとも今も家族と住んでいるがここで一人で食べているのか、と春子はつい想像をめぐらせてしまった。

「ちゃんと、って、どこまでがちゃんとで、なにがちゃんとしてないか、わからないじゃないですか」

この記事は有料記事です。

残り2587文字(全文2952文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都
  3. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士
  4. 対中国ODA 終了へ 累計3.6兆円、首相が訪中時伝達
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです