メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

木の樽寿命150年 軍事より伝統の技にほしい予算

=松尾貴史さん作

 瀬戸内海は小豆島と直島に行ってきた。旅番組の撮影で、「島で飲む」というシンプルなテーマの番組なのだが、明るいうちから飲み歩くわけにはいかないので、いや飲んでもよいのだが、せっかくだからそこかしこを徘徊(はいかい)してみることになった。

 老舗の醤油(しょうゆ)蔵、ヤマロク醤油の若社長は、おそらく5代目だという。おそらくというのは、それより前はさかのぼろうにも記録がないのだとか。彼の語るところによると、全国の醤油蔵の99%が金属製のタンクでの製法に切り替えてしまっているが、ここでは昔ながらの大きな木の樽(たる)で醤油を造っている。身の丈よりも高く、幅も直径が180センチほどもあろうかという大きな樽で、その樽全体や周辺に繁殖した菌によって醤油が育てられるのだという。

 この大きな樽を作ることができる職人が2020年に廃業予定だとかで、「ならば」と弟子入りし、大きな樽…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1454文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです