シリア

イスラエル軍機を撃墜 政府軍がミサイル攻撃

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
撃墜されたイスラエル軍のF16戦闘機を調べるイスラエルの治安部隊員ら=イスラエルで2018年2月10日、ロイター
撃墜されたイスラエル軍のF16戦闘機を調べるイスラエルの治安部隊員ら=イスラエルで2018年2月10日、ロイター

 【エルサレム高橋宗男】イスラエル軍によると、空軍のF16戦闘機が10日、シリア軍の対空ミサイル攻撃を受け、イスラエル北部に墜落した。パイロット2人はパラシュートで脱出したが、うち1人は重体。イスラエル軍の戦闘機が撃墜されるのは極めてまれで、過去にも戦火を交えてきた両国間の軍事的な緊張激化が懸念される。

 イスラエル軍の発表によると、10日未明にシリア中部パルミラ近郊のシリア空軍基地を飛び立ったイラン無人機がイスラエル領内に侵入した。イランはシリア内戦でアサド政権側を支援している。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文800文字)

あわせて読みたい

注目の特集