メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳級会談

北朝鮮が訪朝要請 韓国大統領応じる姿勢

韓国大統領府で北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長(左)から親書を受け取り握手する文在寅大統領=2018年2月10日、AP

 【ソウル大貫智子】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、青瓦台(大統領府)で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長ら北朝鮮代表団と会談した。青瓦台によると、金与正氏はこの日初めて金正恩氏特使との立場を明らかにしたうえで、南北関係改善への意思を示した金正恩氏の親書を手渡し、文氏の早期訪朝を要請した。文氏は「条件を整えて実現させよう」と積極的に応じる姿勢を示した。

     文氏と代表団は会談に続いて昼食も共にし、約2時間50分会談した。北朝鮮代表団は、党序列2位の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が団長を務め、事実上の南北首脳級会談となった。

     金永南氏は「わずか40日前まではこんな感動的な雰囲気になると考えてはいなかった。(開会式の南北合同行進を見て)やはり我々は一つだと感じた」と述べ、今回の南北対話が金正恩氏が新年の辞で代表団派遣を明言したことから始まったことを強調した。

     金与正氏は「文大統領が金正恩委員長に会い、多くの問題について意見交換すれば、早期に北南関係を発展させることができるだろう」と平壌訪問を要請。これに対し文氏は、同席した趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相や徐薫(ソ・フン)国家情報院長を紹介し「金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の時、北朝鮮をよく訪問した人たちだ。私がこの人たちを呼んだことだけを見ても、南北関係を早期に発展させようという意思が感じられるだろう」と応じた。

     また文氏は「南北関係の発展のためにも朝米間の早期の対話が必要だ」と述べ、米国との対話に応じるよう促した。北朝鮮側は耳を傾けていたという。

     一方、北朝鮮の核やミサイル問題については双方とも言及しなかった。青瓦台は「深刻な雰囲気ではなく、実務的な問題を議論する場でもなかった」と説明している。

     北朝鮮が核・ミサイル開発放棄の意思を全く示していない現段階での訪朝に日米両国は強い警戒感を示すとみられるため、文政権としては米国や日本の理解を得ながら慎重に準備を進める方針だ。ただ政府与党には緊張緩和のためには南北対話が必要との認識が強く、文氏が年内に訪朝するとの観測も出ている。

     文氏の北朝鮮高官との会談は昨年5月の就任後、初めて。韓国の大統領が北朝鮮高官と会談するのは2009年8月以来となる。仮に南北首脳会談が実現すれば盧武鉉大統領と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が07年10月に行って以来となる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
    2. 五輪カーリング 日本女子が銅 男女通じて初のメダル
    3. 五輪スケート 鮮やか最高のレース 高木菜マススタート金
    4. 五輪カーリング 悲願成就、人生輝く ママ本橋4人の支柱
    5. 南北合同チーム 韓国の若年層反発「これが国か」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]