メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハーフマラソン

全日本実業団大会、山口で11日号砲

全日本実業団ハーフマラソン大会の開会式で選手宣誓をする安川電機の高橋尚弥。手前は日本実業団陸上競技連合の西川晃一郎会長=山口市で2018年2月10日午後3時25分、佐野優撮影

 第46回全日本実業団ハーフマラソン大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など後援)は11日、山口市の維新みらいふスタジアムを発着点とするコースで開かれる。10日の開会式で、高橋尚弥(安川電機)が「明日の走りが2020年東京五輪へとつながり、陸上ファンに大きな夢と希望を与えられるよう力強く走り抜く」と選手…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]