特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

’18センバツ・高きを仰ぐ

静高2年連続の挑戦 選手紹介/9 おっとり「百獣の王」 斎藤来音右翼手(1年) /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
斎藤来音右翼手 拡大
斎藤来音右翼手

 <第90回記念選抜高校野球>

 名前の由来は「百獣の王のようにたくましく」。昨秋のレギュラーで唯一の1年生ながら、県中部地区大会決勝戦では本塁打を放つなど、その名にたがわないプレーでチームに貢献してきた。私生活はマイペース。おっとりとした性格で周囲を和ませる。

 入学後、初めての全国の舞台となった明治神宮大会。明徳義塾(高知)との一戦で「隙(すき)がなく、自分たちの流れの時でも連携を徹底された。いろいろな面で向こうが上だった」と、壁の高さを痛感した。ただ、「『打てないな』とは思わなかった。普通の気持ちで、良いピッチャーだなと思って打席に立てた」と手応えも感じる。「自分たちはここまで戦えるんだな、と分かった」

 昨秋は右翼手として活躍したが、中学までは捕手や遊撃手。「この冬でショートを守れるようになりたい」と、今冬の練習では内野練習にも参加する。

 「自分は周囲を引っ張っていくタイプじゃない」としつつ、昨秋の戦いを経験し「1年生を引っ張っていく役割がある」と自覚するように。「先輩の中でもプレッシャーは感じない。でも、1年生として出てるからこそチームの思いをつながないと」【大谷和佳子】=つづく

関連記事

あわせて読みたい