メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

杉野原の御田舞

奉納、有終の美 粉雪の中、住民ら見守る 有田川 /和歌山

ふんどし姿の男たちが勇壮に舞う裸苗押=和歌山県有田川町杉野原の雨錫寺阿弥陀堂で、最上和喜撮影

 有田川町杉野原地区で少なくとも室町時代から続くとされる伝統芸能「杉野原の御田舞」が11日、同地区にある雨錫(うじゃく)寺の阿弥陀堂で勇壮に奉納され、有終の美を飾った。

 この日は、粉雪が舞う寒空の下、近隣住民や写真愛好家ら100人以上が集まり、最後の奉納を見守った。冒頭、ふんどし姿の男たちが阿弥陀堂になだれ込み、円陣を組ん…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです