メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「TSUTAYA発掘良品コーナー」で7日からDVDレンタルが始まった「ブラック・エース」(1971年製作)は、麻薬にからんだ人身売買を巡るギャングの抗争を描いた骨太のアクション映画だ。米国を代表するタフガイ俳優のリー・マービンとジーン・ハックマンが共演し、いぶし銀の渋い魅力がにじみ出る。

 舞台は広大な農地が広がる米国中部のカンザス州。カンザス最大の牧場と精肉工場を支配するメリー・アンに部下を殺され人肉ソーセージにされたシカゴのギャングが、一匹オオカミの殺し屋ニックに報復を依頼…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです