メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆうゆう好日

目指せ芥川賞「小説講座」

小説講座で講義する根本昌夫さん=東京都新宿区で、中川聡子撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 カルチャーセンターや大学の市民講座で開かれる小説教室が中高年層を中心に人気を集めている。1月に発表された芥川賞を射止めた若竹千佐子さん(63)も、55歳で小説講座の門をたたき、デビュー作「おらおらでひとりいぐも」(河出書房新社)で栄冠に輝いた。若竹さんはどのように小説の書き方を学んだのか。小説講座の魅力を探った。

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです