メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

どうする、教員の長時間労働 日教組教研集会

教研集会の分科会で教員の多忙化について話し合う教員たち=静岡県で3日、松岡大地撮影

 <kyoiku no mado>

 教員の長時間労働は、どうすれば改善できるのか。文部科学省は昨年末、夏休みに学校閉庁日を設けることを促すなどの緊急対策を発表したが、多忙化の解消は簡単ではない。静岡県で2~4日に開かれた日本教職員組合(日教組)の第67回教育研究全国集会で、教員たちが現状を報告し、意見を交わした。【松岡大地、水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り2373文字(全文2541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです