特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-深浦康市九段 第43局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

いよいよ開戦

 9回戦の2局が終わった時点での残留争いをおさらいしておく。行方、屋敷が2勝5敗。広瀬、深浦、三浦が3勝4敗。4勝4敗の渡辺もまだ安心はできない。一方、大混戦の今期はこの時点でまだ全員(!)に挑戦の目が残っているという異様な状況なのだ。

 前譜で述べたように、本局の4三金右型は従来の4三銀型の雁木(がんぎ)と比べて手厚い半面、角の動きがむずかしいという欠点がある。「先手は[先]6八角から[先]4五歩が自然に指せるので、こちらは[後]7五歩と仕掛けを急ぐ必要がありました」と後日、深浦が明かしてくれた。

 [先]7五同歩は[後]6四銀で勢いをつけるので、[先]4五歩と攻め合いを策したのは自然な着手。深浦は[後]7六歩の取り込みから[後]7二飛~[後]6四歩と攻撃態勢を作り上げた。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文833文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集