平昌五輪2018

アイスホッケー女子 つかめ姉妹スマイル 2度目・床亜矢可/ソチ涙・床秦留可 「同じリンク、うれしい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アイスホッケー女子のスウェーデン戦に臨む床亜矢可(左)と床秦留可=韓国・江陵で10日、佐々木順一撮影
アイスホッケー女子のスウェーデン戦に臨む床亜矢可(左)と床秦留可=韓国・江陵で10日、佐々木順一撮影

2度目・床亜矢可(あやか) ソチ涙・床秦留可(はるか)

 【平昌・神足俊輔】平昌冬季五輪のアイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」に選ばれた姉妹が、12日のスイス戦に臨む。床亜矢可(とこあやか)(23)と秦留可(はるか)(20)=ともに西武。4年前のソチ五輪でかなわなかった姉妹出場を果たし、チーム念願の初勝利を目指す。

 2014年のソチ五輪直前。代表合宿に一緒に参加した2人は、最終選考の結果を待っていた。

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1077文字)

あわせて読みたい

ニュース特集