メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大ウナギ

三重・鳥羽で1.3m捕獲 主?神社の池に戻す

全長1.3メートル余の大ウナギ。池の主として再び戻された=三重県鳥羽市の答志島の美多羅志神社で、浜口一利さん提供

 三重県鳥羽市の離島・答志島の美多羅志神社で、神社関係者が境内の池を泳ぐ全長1.3メートル余の大ウナギを見つけ、タモ網ですくい上げた。関係者は「神社を守ってくださる池の主に違いない」と感謝し、再び池に戻した。

 10日の建国記念式典で総代ら10人が集まった際、「池に大きなウナギがいるらしい」とのうわさを元に直径約7メートルの池を探したところ、ひょっこりと大ウナギが姿を現したという。重さは約3.5キロもあり、タモ網がしなるほどだった。ただ、高台にある神社にどういう経緯ですみ着いたのかは謎だ。

 同神社は10年前、竜の顔をしたシイの大木が見つかり、「龍神さん」としてまつっている。関係者は「天と地から神社をお守りしてくれている」と、不思議な縁に大喜びだ。【林一茂】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]