民俗行事

幸せ願いカセ鳥「カッカッカー」 山形・上山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
見物客から水をかけられるカセ鳥=山形県上山市で2018年2月11日、野間口陽撮影
見物客から水をかけられるカセ鳥=山形県上山市で2018年2月11日、野間口陽撮影

 江戸時代から伝わる民俗行事「カセ鳥」が11日、山形県上山市であった。ケンダイと呼ばれる先のとがったみのをかぶり、「カッカッカー」と声を上げて練り歩くカセ鳥を見ようと、街は大勢の人々でにぎわった。【野間口陽】

 カセ鳥は、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛、防火を願う行事。見物客も祝いの水を掛けて楽しむ。江戸時代に始まったが、明治時代に一度、途絶えたと伝わる。1959年…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

あわせて読みたい

ニュース特集