メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

獅子舞

津波で道具や衣装流失 岩手・宮古で復活の舞披露

復活した「法の脇獅子舞」を住民に披露する会員ら。踊りには躍動感があった=宮古市の津軽石公民館で2月11日、鬼山親芳撮影

 東日本大震災の津波で一切の道具や衣装を流失した岩手県宮古市津軽石の郷土芸能団体「法の脇獅子舞保存会」が11日、地元であった津軽石郷土芸能祭に出演し、「復活の舞」を披露した。観客の住民からは祝福の拍手が湧き、出演者たちも「復興の励みになる」と感激していた。

 津波は津軽石川河口の集落にも押し寄せ獅子頭や衣装、太鼓などすべての道具を保管していた公民館をのみ込み、流し去った。27戸あった住民らはその後、同じ津軽石地区に14戸が集団移転するなどした。跡地に住宅は再建できない。

 地域に住民はいなくなったが、「法の脇」の通称名は残った。「何とか獅子舞を復活できないか」。そう考え…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです