メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交流の場

水害の茨城・常総でどんど焼き 住民ら笑顔

どんど焼きの火で餅を焼く参加者=常総市平町で2月11日、宮田哲撮影

 茨城県常総市立大生小学校の校区内の青年らでつくる「大生会」が11日、同小近くの広場でどんど焼きを催した。校区内は関東・東北豪雨(2015年)で被害を受けており、同会はイベント開催を通じて活気を取り戻そうと結成された。集まった住民らはどんど焼きの火で餅を焼いたり、振る舞われた豚汁を食べたりして休日を楽しんだ。

     昨春結成された同会は、昨年8月には夏祭りを開いており、どんど焼きは「住民同士の交流の場に」と開催。参加した女性(68)は「豚汁は具だくさんでおいしかった。いい雰囲気ですね」と笑顔。大生会会長の鈴木洋之さん(45)は「次の催しも喜んでもらえるよう準備を進めたい」と話した。【宮田哲】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
    4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
    5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです