メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄海原発

3首長、規制委に反対訴え「リスク説明不十分」

玄海原発の半径30キロ圏

 原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員長が11日、九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)から半径30キロ圏内にある佐賀、長崎、福岡3県の8市町の首長らと意見交換をした。16日に核燃料の装着が始まる予定の3号機は3月中旬以降、再稼働の見通し。再稼働に反対する4市長のうち、出席した3市長が「リスクの説明が不十分」と改めて反対を訴えた。

     意見交換は、立地自治体や周辺地域との意思疎通を強化する目的で、全国の原発で初めて実施。更田委員長らが同原発の火山灰対策などを視察後、佐賀県オフサイトセンター(佐賀県唐津市)で開催した。

     自治体側は佐賀県の山口祥義(よしのり)知事と岸本英雄・玄海町長の他、再稼働に反対してきた長崎県の松浦、平戸、壱岐の3市長も参加。黒田成彦・平戸市長が「規制委が『リスクゼロを保証するものではない』と言っている。それでは住民側は『そんな議論やめてしまえ』となる。そのギャップを埋めないといけない」と指摘した。出席しなかった佐賀県伊万里市長も反対している。

     更田委員長は「再稼働を判断する主体は規制委とは別」と回答。終了後、報道陣に「少しでもリスクを語る方向に向けたい。私にあのような質問が出るのは、経済産業省、九電の努力が理解されていない表れだ」と述べた。【関東晋慈】


    おわびします

     原子力規制委員会が九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の周辺自治体の首長らと意見交換したことについて、長崎県の黒田成彦・平戸市長が「ゼロリスクではないと住民に説明しても理解されない」と発言したと一時報じましたが、黒田市長から自分の発言ではないという趣旨の指摘がありました。発言を録音で確認したところ、要約が不正確でした。黒田市長は「規制委が『リスクゼロを保証するものではない』と言っている。それでは住民側は『そんな議論やめてしまえ』となる。そのギャップを埋めないといけない」と発言していました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
    2. 裁判員 増え続ける辞退 制度施行8年、長期審理敬遠か
    3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    4. カンヌ国際映画祭 是枝監督、最高賞 「万引き家族」 日本21年ぶり
    5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]