メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

強風、中止相次ぐ スノボ女子いきなり決勝も

スノーボード女子スロープスタイル予選が中止となり、引きあげる大会関係者=フェニックス・スノーパークで2018年2月11日、宮間俊樹撮影

 周囲の山々に風力発電施設が目立つほど風が強い地域である平昌。五輪開催に向けて強風の影響が心配されていたが、11日のアルペンスキー男子滑降と、スノーボード女子スロープスタイル予選が強風のため中止に。大会第3日でいきなり不安が的中した格好だ。

 旌善(チョンソン)アルペンセンターで行われる予定だった男子滑降は15日に変更。これに伴い、男子スーパー大回転が15日から翌16日に移された。フェニックス・スノーパークでの女子スロープスタイルは予選がなくなり、12日にエントリーしている26人全員が出場して決勝のみ行う。

 午後1時半開始予定だった女子スロープスタイル予選は、直前の公式練習は通常通り行われたが、競技は開始時間を30分以上延期した末に中止の決断が下された。日本代表の西田崇コーチによると、練習では風の影響でジャンプ台から着地面に届かずけがをした選手もおり、「今日できるならやったほうがよかったが、安全を考え、最高の技を出すならば、もっといい状態でやった方がいい」と歓迎。メダル獲得の期待がかかる鬼塚雅(星野…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです