五輪フィギュア

宮原、回転不足響くも「悪くはなかった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フィギュア団体の女子SPで演技する宮原知子=韓国・江陵アイスアリーナで2018年2月11日、手塚耕一郎撮影
フィギュア団体の女子SPで演技する宮原知子=韓国・江陵アイスアリーナで2018年2月11日、手塚耕一郎撮影

フィギュアスケート 団体・女子SP

 演技後のガッツポーズとは裏腹に、宮原の得点は伸び悩んだ。指標にしている70点に届かず、一瞬けげんそうな表情を浮かべる。それでも「大きなミスはなかったし、気持ちよかった」と、笑顔で五輪デビューを終えた。

 回転不足を取られがちなジャンプの課題を克服できなかった。冒頭のルッツ-トーループの連続3回転ジャンプは、二つとも回りきっていないという判定。跳び上がりがやや小さかったことも審判の支持を得られなか…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集