メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン

村山紘、5秒差2位…男子 実業団ハーフ

全日本実業団ハーフマラソン大会で2位でフィニッシュする旭化成の村山紘太(左)=山口市で2018年2月11日、佐野優撮影

 第46回全日本実業団ハーフマラソン大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など後援)が11日、山口市の維新みらいふスタジアムを発着点とするコースで開かれ、男子はチャールズ・ディランゴ(JFEスチール)が1時間1分55秒で2年ぶり3回目の優勝を果たした。5秒差の2位に村山紘太(旭化成)が入った。女子はパウリン・カムル(ルートインホテルズ)が1時間9分40秒で初優勝し、2位は堀優花(パナソニック)だった。(スタート時の気象=雪、気温2.5度、湿度55%、西の風2.7メートル)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです