メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

作って知って、チョコの国 上智大生ら、ガーナのカカオ豆農家支援

上智大生(左)の指導で、カカオ豆の皮むきからのチョコレート作りに挑戦する親子連れやアフリカ出身の子供=東京都渋谷区で

 14日はバレンタインデー。チョコレートを手作りする人も多いだろう。そんな手作りを、カカオ豆の皮むきから行っているのが「本当のガーナチョコレートを作るプロジェクト」。学生たちの取り組みを取材した。【昭和女子大・後藤梓、写真は津田塾大・畠山恵利佳】

 本当のガーナチョコレートを作るプロジェクトは、上智大生5人が所属する学生団体だ。活動のきっかけは、2012年に、カカオ豆の生産量世界2位のガーナのオフアセ村で教育活動を行ったこと。その際、優秀だが貧しいカカオ豆農家の子供に出会った。進学支援をしたいと、彼の農家で収穫した豆を使いチョコレートを作製。日本で販売し、収益を奨学金支援に充てた。

 学生たちは次第にカカオ豆からチョコレートを作ることに魅力を感じ、帰国後ワークショップを始めた。カカ…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1543文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです