メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

女子国際大会「ベスト尽くす」 太田で壮行会、優勝へ意気込み OSA・石井亜海選手 /群馬

レスリング部の後輩たちから花束と月桂冠を贈られ、大会での健闘を誓う石井亜海選手(中央)=太田市細谷町のティアラグリーンパレスで

石井亜海選手(大泉北中3年)

 おおたスポーツアカデミー(OSA)レスリング部の石井亜海(あみ)選手(15)=大泉北中3年=が、日本レスリング協会からクリッパン女子国際大会(スウェーデン)への派遣選手に選ばれ、太田市内で11日夜、壮行会が開かれた。石井選手は「ベストを尽くしてきたい。応援よろしくお願いします」と優勝への意気込みを見せた。

 石井選手は、01~03年生まれが対象のカデットの部57キロ級に出場する。試合は16、17日に行われ…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです