特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-深浦康市九段 第43局の3

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

好手に見えて…

 三浦は今さした目薬が目に染みるのか、あるいはヨミが頭の中を駆けめぐっているのか、しかめっ面で考え込んでいる。

 24分で決断した[先]6四角がどうだったか。三浦は「[先]6四角では単に[先]3四歩でしたか」と首をかしげた。[後]3四同金なら[先]2三歩の垂らしがうるさい。三浦は[先]3四歩に[後]6六歩[先]同銀[後]4六歩[先]同銀[後]3六歩を心配したらしいが「苦しいのだからこんなことを気にしても仕方なかった」。

 本譜は[後]6八歩(途中図)が刺さって深浦優勢と思われた。(1)[先]6八同玉は[後]6三歩[先]8六角[後]4六角。(2)[先]6八同金右は[後]6三歩[先]7五角[後]7四歩[先]8六角[後]4八角。また(3)[先]7九玉は[後]8七歩成[先]同金[後]6九角が決まる。ところが[後]8七歩成を甘受する[先]6八同金左から[先]2五歩と合わせて三浦も容易には崩れない。さかのぼって途中図[後]6…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文884文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集