特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

がんばれ!富山商業

第90回記念選抜高校野球 富山ベースボールクラブ内野手 殿村和大さん(27)=魚津市 /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <センバツ高校野球>

一つでも多く勝ち進んで

 中学時代、富山商は3年連続で甲子園に出場しており、自分も甲子園に出場したくて富山商に進学しました。甲子園に行くためだけに毎日魚津市から通学し、厳しい練習にも耐えましたが、1年の夏にひざをけがしたこともあり、一度も甲子園はおろか、ベンチにも入れませんでした。3年の夏は大会直前でベンチ入りを外されましたが、それでもチームが甲子園に行ってくれればいいと、精いっぱい応援しました。負けた時は、悔しくてスタンドで大泣きしたのを覚えています。

 富山商は卒業後に硬式野球を続ける選手が少なく、自分も、理学療法士を目指して専門学校に進学し、2年間野球から離れていましたが、縁あって富山ベースボールクラブで再び硬式野球を始めることになりました。最初は試合にも出られませんでしたが、今はレギュラーで4番を任されています。高校を卒業してからよくなる選手も多いので、今は社会人や大学で野球を続けてほしいという思いもあります。

 富山商の主軸、石橋航太選手は同じ魚津市の選手なので、特に応援しています。主戦もいいと聞いているので、今回のセンバツでは出場するだけでなく、一つでも多く勝ち進んでほしい。失敗を怖がらず、思い切ってプレーしてきてください。後輩の活躍を励みに、自分も今季も頑張ります。【聞き手・青山郁子】

     ◇

 タイトルの揮毫(きごう)は富山商OBの書家、森大衛さん

次に読みたい

あわせて読みたい