メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

上関町議選 「原発」争点にきょう告示 推進派8人、反対派3人、11人出馬予定 /山口

 中国電力(広島市)が上関原発建設を計画する上関町で13日、任期満了に伴う町議選が告示される。1982年に計画が浮上して以来、町議選は補選を除き9回目。定数10に対して、原発建設推進派8人、反対派3人が立候補を予定しており、少数激戦となる見通し。投開票は18日。【松本昌樹、松田栄二郎、土田暁彦】

消滅可能性

 町は原発建設への賛否を巡って36年に渡り分断され、人口は計画が浮上した当時から半分以下の2857人(1日現在)まで減少した。民間の政策提言団体の推計では2040年の人口は1200人台とされ、町の機能を失う「消滅可能性都市」に数えられる。原発関連交付金などで道の駅や温泉施設などの整備は進んだが人口減少は止まらなかった。推進、反対を問わず多くの町民が「このままでは町がもたない」と口をそろえる。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです