メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

山頭火ふるさと館学芸員 高張優子さん /山口

高張優子さん

山頭火の魅力伝えたい 高張優子さん(24)

 漂泊の俳人、種田山頭火を顕彰する防府市の「山頭火ふるさと館」学芸員で、現役のお茶の水女子大(東京)大学院生でもある。「人物と句の魅力をたくさんの人に伝えたい」と張り切りながら、来年3月の修士課程修了に向け、仕事の合間を縫って論文を書く。

 群馬県太田市出身。子供の頃から読書が大好きで、ファンタジーから歴史まで幅広いジャンルをカバーする。

 専門とする日本文学の知識を生かせる仕事を志していた昨年、ふるさと館が10月の開館を前に学芸員を募集していると知った。防府出身の山頭火については、全国を巡り数多くの自由律俳句を作った程度の知識しかなかった。だが、改めて調べて「母の死など苦難の人生を歩んだからこそ、味わい深い句が生まれた」と認識し、行乞(ぎょうこつ)生活など山頭火につきまとう負のイメージを変えたいと思った。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです