メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

山頭火ふるさと館学芸員 高張優子さん /山口

高張優子さん

山頭火の魅力伝えたい 高張優子さん(24)

 漂泊の俳人、種田山頭火を顕彰する防府市の「山頭火ふるさと館」学芸員で、現役のお茶の水女子大(東京)大学院生でもある。「人物と句の魅力をたくさんの人に伝えたい」と張り切りながら、来年3月の修士課程修了に向け、仕事の合間を縫って論文を書く。

 群馬県太田市出身。子供の頃から読書が大好きで、ファンタジーから歴史まで幅広いジャンルをカバーする。

 専門とする日本文学の知識を生かせる仕事を志していた昨年、ふるさと館が10月の開館を前に学芸員を募集…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです