メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護福祉士

挑むインドネシア人 介護志す、揺るがぬ瞳 滋賀の老健施設

一字一字漢字を書き込んでいくサラーさん=滋賀県湖南市の社会福祉法人八起会で、大澤重人撮影

 憧れの国・日本の介護施設で、インドネシアの若い2人が昨年末から働きながら懸命に日本語と介護の勉強をしている。目指すは3年後の介護福祉士の資格取得だ。不合格になると、帰国しなければならない。10年目のEPA(経済連携協定)による介護人材育成の現場を見た。【エリア編集委員・大澤重人】

 滋賀県湖南市の小高い山のふもとに、社会福祉法人八起会(はちきかい)(木村文一理事長)の介護老人保健施設石部ケアセンターがある。小さな部屋に入ると、真剣な表情で漢字書き取りにシャープペンを走らせる2人がいた。

この記事は有料記事です。

残り2015文字(全文2260文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです