メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和太鼓

宇土・若手15人遠征 ベトナムの熱狂に感涙 「うれしさこみ上げた」 /熊本

 宇土市で活動する和太鼓演奏の若手3団体の合同チームが1月下旬、ベトナム・ホーチミン市で開かれた「ジャパン・フェスティバル」で公演し、聴衆の熱狂的な喝采を浴びた。メンバーらは「ベトナムの人があそこまで受け入れてくれるとは思わなかった。遠征して良かった」と感動冷めやらぬ様子だ。【福岡賢正】

 宇土市には昨年3月に国重要有形民俗文化財に指定された29基の雨乞い大太鼓が伝わっており、それぞれの地域の人たちが保存会を作って継承している。

 ベトナム公演(1月27、28日)したのは各地域の保存会の若手で作る「宇土天響太鼓」と「宇土高和太鼓…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです