メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「ボロ電」廃軌道から見えてきた 人と人結ぶ物語、どの街にも=加古ななみ(甲府支局)

ボロ電を復活させようと、保存されているボロ電を調査するメンバーら=山梨県富士川町で、加古ななみ撮影

 記者になって2年目に入った昨春、半世紀以上前に廃線になった電車のとりこになった。甲府市と山梨県富士川町の約20キロを結ぶ全28駅の「山梨交通電車線」で、1930年に営業を始め、62年に運行を終えた。オレンジ色の1両編成の車体がトレードマーク。「ボロ電」の名で親しまれていた。私はかつての線路沿いを歩き、20人以上の人に会い、昨年6~10月、山梨面で連載「ボロ電とボク」を書いた。そして連載を終え、この地に一段と愛着を覚えた。ローカル線は廃止が相次ぐ。だがボロ電がつむいだような人と人とを結ぶ物語はどの街にもある。いま、そう思う。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです