メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

猛威 ワクチン製造短縮も 各社が供給強化へ

 インフルエンザが猛威を振るう中、製薬各社が治療薬やワクチンの供給強化に向けた取り組みを進めている。塩野義製薬は従来よりも少ない服用回数で治療できる新薬の今春からの販売を目指す。化学及血清療法研究所(熊本市)はワクチンの製造期間の短縮方法を研究中だ。

 塩野義は新薬「ゾフルーザ」を開発した。1日2回、5日間服用が必要な既存薬のタミフルと比べ、錠剤を1回飲むだけで効果が期待できる。昨年10月に厚生労働省に製造販売承認を申請し、近く承認される見通しだ。

 優れた新薬を世界に先駆けて実用化するために迅速に審査する「先駆け審査指定制度」の認定を受けていた。…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文606文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  4. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  5. 暴行 3歳長女に 容疑の母ら逮捕 県警、稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]