メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/191 第5章 37=高村薫 多田和博・挿画監修

 亜沙子はテレビでも観(み)ているのだろうか。夕飯が遅くなって、洗いものがまだ残っているのだろうか。五十女の一人暮らしのハイツの明かりは、どのみちほんのわずかな想像しか誘わず、何かまとまったことを考えようとした雪子の思いはすぐに行き詰まる。そこにちょっとした空白が生まれ、荒れていた呼吸がしばし鎮まるにつれて、母の節子が自宅で開いていた水彩画教室の風景が甦(よみがえ)り、その周りにあった物音や話し声がいきいきと響いてくる。そのなかに上田の母娘の声を聴き分けると、知らぬ間に胸を締めつけられて、路傍の雪子はさらに棒になっている。

 あれは二○○三年の夏だったか、東中学の生徒だというノッポの少女が母親に連れられてやって来て、塀の外…

この記事は有料記事です。

残り650文字(全文964文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです