メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピード 女子1500 高木美、金へ0.2秒 ハイペース崩さず

女子1500メートルを滑る高木美=手塚耕一郎撮影

 (第4日)

 女子1500メートルは、この種目で今季ワールドカップで無敗だった高木美帆(日体大助手)が1分54秒55で1位と0・2秒差の銀メダルだった。スピードスケート女子で日本勢のメダル獲得は2010年バンクーバー大会の団体追い抜きの銀メダル以来で2大会ぶり。個人種目は1998年長野大会500メートル銅の岡崎朋美以来20年ぶり。

 1500メートルでメダルに輝くのは92年アルベールビル大会銅の橋本聖子以来。

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文1995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、深夜に大勢判明

  3. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  4. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  5. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです