メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知行動療法

4割弱 低い診療報酬一因 信州大など調査

 うつ病や不眠症の患者らに対する「認知行動療法」が実施されているクリニックが、全国で4割に満たないとする調査結果を、信州大などのチームがまとめた。薬に頼らない治療として注目されるが、疾患によっては診療報酬がつかないか、ついても低いため、医療機関が敬遠しがちなのが原因だとみられる。チームは、診療報酬の付与や増額など国の対応を求めている。

 認知行動療法は心理療法の一種。医師が患者と対面し、対話を通じてものの受け取り方や考え方を変えさせ、…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文443文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです