メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

正恩氏、南北関係改善を指示 与正氏の報告受け

金正恩氏=大貫智子撮影

 【ソウル大貫智子】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、9~11日に訪韓した妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長らから報告を受けた。金委員長は「和解と対話の良い雰囲気をさらに昇華させ、素晴らしい結果を引き続き積み重ねていくことが重要だ」と述べ、南北関係改善と発展の方向性について具体的に指示した。朝鮮中央通信が13日、伝えた。早期の南北首脳会談実現に向け、準備に着手した可能性もある。

 同通信は金与正氏について、金委員長の「特命を受けて活動した」としたうえで、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領らとの会談内容や、米国の動向などについて金委員長に報告したと報じた。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです